パソコンおまいり供養制作

納骨堂におまいりに行きたいが、納骨堂が自宅から離れた所にあったり年のため通う事ができない。
そんな人のためにパソコン画面で納骨堂のおまいりをできるようにしたコンテンツです。

パソコン納骨堂おまいり制作例

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

実際の納骨堂を表示しています

実際の納骨堂を映像化していますので、その場に居ると同じ気持ちでおまいりする事ができます。
遺骨の入った御堂や位牌も同じものです。
▼操作方法について解説します。
①思い出ボタンを押す
このボタンを押すと故人の生前の映像が表示され故人との思い出が甦ってきます。
②お参りボタンを押す
御堂呼び出し用カードの入った状態となって扉が開き遺骨の入った御堂が現れます。一定の時間が過ぎると
扉は閉じます。その間、心ゆくまでおまいりすることができます。
③読経ボタンを押す
お参りボタンを押したと同時に右側の思い出ボタンが読経ボタンに変ります。
このボタンを押すと故人に対するオリジナルの読経が流れますので、読経を聞きながらのおまいりもできます。
この読経は、故人の戒名をいれた本物の読経となります。
納骨堂のあるお寺の住職さんが読んでいます。