こんなにも関西と関東では違うのです

商人の大阪では、うなぎは腹開きにしますが、侍の江戸では、切腹を嫌ったと言われていますが背開きにします。うなぎの頭の落とし方も関東では、串を刺すまえに落としますが、関西では串を刺しタレをかけてから落とします。当店は、頭を落として焼いています。また、関東ではタレの中にうなぎをつけますが関西ではタレはうなぎにかけます。当店は、タレを大きなカメに付けてタレ付けしています。焼き方も関東では蒸してから焼くのに対し関西ではかんたろうもそうですが蒸さずに焼きます。 このように西と東では、いろいろ違いがあって面白いですね。

お問い合わせ

ホームへ戻る

ページトップへ