どうして土用の丑の日になったのか

昔から暑さが続くと夏バテ防止として精のつくものを食べるとうい習慣がありました。
それが定着したのは、江戸時代。平賀源内が「今日は土用の丑の日」と書いた張り紙を出して宣伝し、売り上げ不振に悩んだウナギ屋を繁盛させたということです。 うなぎの「う」と丑の日の「う」を結びつけ、習慣として定着させました。
また、丑の日に「う」のつくものを食べると健康に良いとの言い伝えがありました。

お問い合わせ

ホームへ戻る

ページトップへ