春慶寺のご紹介

春慶寺について

江戸時代から親しまれています

当山は江戸時代から約400年の歴史があります。天明(1781~89年)の頃に活躍した浮世絵師勝川春潮の「押上村行楽」という上図の浮世絵には、石の道標に「押上村」「普賢菩薩」という文字が見られ、押上村の春慶寺に"おまいりに行く"ことが人々の大きな楽しみであったことがうかがえます。江戸時代から多くの参詣人で賑わっている日蓮宗の寺院です。

地下1階地上7階のお寺です

各フロア
地下1階には納骨堂えにしの苑、春慶寺から少し離れた所に普賢堂おまいり処があります。地上の各階のお部屋は、ご葬儀やイベント等その目的によりご利用されています。

コンサートなども開催されます

コンサート風景
春慶寺ではご葬儀やご法要だけではなく、さまざまな催し物も開かれています。多目的なスペースとしても開放しております。

春慶寺全景

サブメニュー

ホームへ戻る

ページトップ